Home > テクニカルサポート > ご使用の説明

ご使用の説明

  • 1 モーターを使用する際には、障害となる物があってはなりません。例えばモーターの運転が妨害されるため、接着剤は回転軸を経過して軸受に注入しないでください。
  • 2 軸の回転はモーターの寿命に対して相反する効果がある可能性があり、寿命を延長するために、負荷品は規定に照らし合わせられているか、過負荷になってはいないか、あるいは軸端が回転を妨害する物品が掛けられていないかを検査してください。
  • 3 偏心を発生させる重度な偏荷重は、モーターの寿命を損ないます。
  • 4 周囲が高温であったり極端に湿度の高い場所に保管せず、また腐食性のガスの中に放置しないでください。モーターの効果を低下させます。
  • 5 モーターを周囲が高温と多湿の中で運転させないでください。
  • 6 電源のプラス極とマイナス極のモーター端子上にはんだ付けする際は、鉄のはんだ付け温度は340℃±40℃、加熱時間3秒間以内で、プラスチックを変形させてはなりません。作業中にはんだ付けした点をモーターが流れ込んだり、電線の末端が破損したりする場合は、モーターの機能を低下させます。
  • 7 モーターの軸を引っかかって動かないようにしてはなりません。電力を入力した際に短時間でモーターをオーバーヒートさせ、付属品を焼損させます。
  • 8 作業者の技術不足により、モーターを説明書で述べられている不適切な取り扱いを行ったり、或は表面的な判断からも明らかに過失である場合は、品質を保証することはできません。
  • 9 定の電力を供給し、測定可能な要求範囲内であることを確認してください。
  • 10 滑車あるいはギアの設置で、圧入時に異常な過重をかけないでください。
  • 11 モーターを設置する際、ねじが長すぎると、モーター本体とローターの間に接触が発生し、特性に影響を与える恐れがあります。
TOP